育毛剤で髪が少しずつ増えていきました

アラサーで気付いた髪の薄さ

二十代のころはフサフサとボリュームのあった髪が自慢でした。
しかし、黒くて太く力強かった髪も三十代になるとだんだんと細くなっていき色も薄くなっていくのを感じました。
それから、頭の一部分の髪の量が急に少なくなっていくのも感じました。
自分の父親や祖父も年を取ると共に髪の量が減っていくのを知っていました。
自分もいつか髪が無くなってしまのだろうなと思ってはいたのですが、まさか三十代で急に髪が減るとは思いもよらないことでした。

最初はドラッグストアの育毛剤

髪が減っていくのを黙ってみているわけにはいかないので、とりあえずドラックストアに駆け込み、減ってしまった髪のボリュームや細くなった髪の毛を育てる育毛剤を購入しました。
値段がとても高くて買うことを躊躇してしまいましたが、父親や祖父のように髪が無くなってしまうとことを過ぎったので、レジへ商品を持っていき購入することができました。
この日から髪の育毛生活が始まったのです。

育毛剤初心者の奮闘の日々

毎日育毛剤を頭皮に付けなければならないのですが、最初のころはどうしても忘れてしまうことが多かったです。
よって、髪が太くなったり、髪の量が増えたりするということを実感することはありませんでした。
むしろ高い料金を払ったのに変わらないのは、商品がダメだからだとも思うこともありました。

本気なら毎日の習慣にすることが大切

ある日、ひさびさに会った友人と飲みに行ったとき、どんなに高い商品を使っても髪の量が増えたり、髪が太くならないことを相談したら「髪を増やしたければ毎日の日課にしなければならないぞ」と言われてハッとしました。
どんなに高い商品を購入しても一日一日の積み重ねがなければ、髪が増えるわけがないということを気づかされました。
それから毎日、鏡の前に立って育毛剤を頭皮に付けることが日課になりました。
毎日毎日頭皮を確認していくうちに髪の毛がだんだんと太くなっていくことを感じてきました。
髪の毛が太くなっていくのでボリュームも少しずつ増えているように思えます。

口コミや情報に惑わされないで

いま日本で販売されている育毛剤はたくさんの種類があります。
成分や作用もさまざまで、どれが良いのか迷ってしまう人もいるかもしれません。
いろいろ試してみて、自分に合うものを見つけるという方法も良いかもしれませんが、私はその実践方法の方が大切だと思っています。
口コミなどの情報を集めてみても、使ってみなければ実際の効果はわかりません。
周りに育毛剤を使用している人がいないなら、まずは取り組んでみましょう。
毎日取り組むことでどんな育毛剤でも効果が出てきます。
まずはがんばってみましょう。