女性ホルモンが原因の薄毛とは

女性の薄毛の原因はホルモンバランスの乱れ?

女性の薄毛の原因でしばしば聞かれるのが、ホルモンバランスの乱れです。
女性ホルモンはストレスや過労によっても乱れがちですが、出産時にも大きく乱れることがあります。
妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌され、髪の毛の成長期が長くなります。
成長期にあたる髪の毛は抜け落ちませんので、髪の毛が増えたように感じる人もいます。

出産後の抜け毛は自然現象です。

しかし、出産後に急激に女性ホルモンの分泌量が減ると、成長期にあった髪の毛が一気に抜け落ちて薄毛になります。
女性ホルモンが乱れるのは出産後半年程度ですので、落ち着くのを待てば自然に改善することがほとんどです。
ただし、慣れない育児でストレスを抱えていると髪の毛の健康にも悪い影響を与えますので、適度に発散する必要があります。

薄毛で悩むのなら病院へ行こう。

このように女性の薄毛は男性とは違って、特徴があります。
心配で薄毛で悩んでいるのならば、診断を下してもらうためにも、病院へ行った方が良いと私は思います。
悩んでいるだけでは、何の解決にもなりません。
私も実は妊娠後の抜け毛で薄毛になり、一人でずっと悩んでいたのですが、思い切って病院に行くことにしたのです。
そして、病院で処方していただいた薬をつけることで、多少ですが、薄毛が治ってきたように思えるのです。

女性の薄毛の原因は多種多様

薄毛は、遺伝だとばかり思っていましたが、実はストレスや、疲れなどが大きく原因していることがわかりました。
私も、ここ数年仕事が忙しく、疲れもストレスもかなりたまっていました。
さらに出産のストレスです。
バリバリ働く女性は特にホルモンバランスを崩しやすいと言われています。
息抜きをすると言ったら、お酒を飲むばかりで、お酒を飲んでいるときは良くても、翌日の仕事がまた待っているという状況でした。
でも病院で診察してもらって、原因がわかって、改善の目処も立ちました。
本当に病院に行って良かったと思います。